妻の浮気調査を依頼される方が増えています。

妻の浮気率が上がっており、調査依頼される方が増えています。

 

女性は浮気をしない生き物と思っているから、もしかしたら浮気と思うと居ても立っても居られなくなるのが普通です。

 

疑い出すとキリがなく、仕事も手につかず、気持ちも上の空、不安の中で生活するのは苦痛でしかありません。

 

今すぐハッキリさせるべきです!

 

今やるべき事は、白黒はっきり付ける事です。
大事な事は今すぐ浮気しているかしていないかをハッキリとさせて、今後の事を考えるべきです。

 

別居や離婚、また関係をイチから修復させるのかを考えるのは証拠が出てからでも遅くはありません。

 

もちろん、ただの勘違いで浮気の証拠が出なければそれはそれで良しです。
しかし、適当な調査を行い浮気の証拠はありませんでしたでは話になりませんね。

 

 

その為には、確実な証拠を抑えられる専門の探偵事務所に依頼する必要があります。
しっかりとした調査を行う、調査能力の高い探偵事務所に依頼する必要があります。

 

 

現在、信頼のおける探偵事務所を掲載します。

 

 

 

 

調査実績42年のベテラン探偵が多数在籍の原一探偵事務所です。
浮気調査の依頼のうち90%の確率でクロの証拠が取れてしまう訳には最新の技術と長年の蓄積されたノウハウがあります。
相談も見積もりも無料で対応、匿名でも問題ありません。

 

費用は明朗会計で、契約後の追加料金は発生しないため安心です。

 

無料相談へ

 


 

 

 

 

探偵事務所探しをするのも一苦労、どこに依頼すれば良いのか分かりにくいものですが、
探偵さがしのタントではあなたの代わりに直接探偵事務所との価格交渉や、厳しい審査をクリアした事務所だけをご紹介してくれるサービスとなっています。

 

相談や見積もりは何度でも無料で、料金が合わない場合は契約する必要もありません。
匿名で相談できるので個人情報をそこら中の探偵事務所に伝える必要も無くなります。

 

無料相談へ

妻の浮気調査にかかる費用の料金形態やその内訳は?

浮気調査を依頼する際、基本的には証拠となる写真などを集めるために調査対象者を尾行します。
そのため探偵事務所には基本料金以外にも実費を支払わなければなりません

 

 

では料金体系はどのようになっているのかというと成功報酬と手数料、経費と調査料金になります。

 

 

調査には2人以上の調査員が派遣されますから1時間ごとあるいは1日単位など探偵事務所が取り決めた単位の人件費や着手金、危険手当などが調査料金に含まれます。

 

 

さらに交通費や宿泊費、車を使った場合の燃料費に高速道路を使った場合の高速料金、電話などを使えば通信費、特殊機材を使うことが多いので機材費などもすべて含めて経費に加算されます。

 

こういった費用を含めての相場目安は1日当たり10万〜20万円と幅広くなっています。

 

 

また、手数料は報告書作成に使われますが、成功報酬は浮気調査の成果により支払うことになります。

 

料金は探偵事務所によって全く違いますが、安すぎる、見積もりがないところは信用できないでしょう。

 

 

一方、実費に含まれるものは

 

  • 調査に必要な交通費や車代、
  • タクシー代に高速道路の料金、
  • 特急料金などの交通費、
  • 遠方まで行った場合の宿泊料金に駐車料金、
  • 映画館やラブホテルなどに潜入する場合の入場料、
  • 居酒屋や風俗店などに行った時の遊興費、
  • さらに報告書を送るための費用

 

となります。

 

調査対象がどのような動きをするかは想像できない部分が多く、今まで確認できている、たとえば浮気相手と会うのにラブホテルを利用しているものの待ち合わせ場所をラブホテルの部屋にしている場合は同じ部屋に入る場面を別々に撮影しなければならないこともあります。

 

また出張と偽って出会い系サイトなどで知り合った遠方に住む浮気相手に会う場合は相当の交通費と宿泊料金がかかります。

 

 

最終的には報告書を提出してもらうことになりますので、報告書に使う写真の印刷代や作成費は基本料金に含まれていますが、郵送費は実費扱いになります。

 

調査料金は最初から決まっているものですが、実費は終わるまで分かりませんから、見積もりをまず出してもらい、そのうえで実費も必要という説明をしてもらうことが大切です。

妻の浮気調査費用を安く抑える為には?

浮気調査の費用を少しでも押さえたいのなら下調べはできる限り自分で行うことが大切です。
下調べというのはなぜ妻が浮気をしていると思うのか、その根拠を示すことです。

 

たとえばメールを覗いた時にほかの知らない男と親密な会話をしていた、ラインに知らない男が登録されており、やり取りが恋人同士のようだった、などといったことです。

 

 

調査対象者が専業主婦の場合、働いている人のように不自然なレシートなどを見つけることは難しいですし、家計を管理しているのが妻の場合カードの明細書を探すのも大変ですが、メールのやり取りでも十分浮気を疑う根拠となりますので押さえておきましょう。

 

注意点は相手にばれないように行うことで、携帯やスマホにロックがかかっているならロックを解除しなければなりません。

 

ロックの解除方法が分かればいいのですが、解除できずに苦戦しているところに妻が八合わせれば夫婦関係に亀裂が入りますます調べづらくなってしまいます。

 

それなら思い切って妻が浮気をしそうな日に有給を取り、自身で妻を尾行する方法もあります。

 

そうすると浮気相手の写真も撮りやすいですから全体像や顔のアップ写真を探偵事務所に提出するとより調査がスムーズに進められるでしょう。

 

 

必要な情報は浮気するのによく使う場所、たとえば自宅や相手の家、ホテル、あるいは食事をするのによく使う喫茶店などです。

 

調査対象者の行動範囲とスケジュールが分かれば調査するための時間が絞られますし、範囲も限られてきますから実費の部分を押さえることができます。

 

 

ただ一つ注意したいのは見積もりを出してもらったときに安いからと言ってすぐに契約しないことです。

 

調査員は常に2人以上ついているのか、使われる機材は最新式のものか、どのような調査をしてくれるのか実際に探偵事務所に確認してから契約するようにしましょう。

 

自分で下調べをすることほど調査費用を安く済ませる方法はないのですから、あとは信頼できる探偵事務所と出会えるかどうかです。

浮気調査の探偵事務所を選ぶ大事なポイントとは?

浮気調査を依頼するためには探偵事務所を選ばなければなりませんが、選ぶポイントをいくつか押さえましょう。

 

ポイントの一つは探偵業を行うにあたり届け出がなされているかどうかです。

 

平成19年に探偵業の業務を適正化するための法律が施行され、公安委員会から認可番号を受けていなければ探偵業を営むことはできません。
ホームページをチェックし、探偵業として都道府県の認可が下りているかどうかチェックしましょう。

 

このホームページを見るというのは意外と重要な作業で、会社概要などを見ると事務所の住所や連絡先が掲載されています。

 

まずこの住所が本当に実在し、そこに探偵事務所があるかどうかチェックしましょう。

 

 

基本料金が安すぎる誇大表示は信用性が薄い探偵事務所ですし、電話番号だけ掲載されているのも転送電話になっている可能性が高いので控えましょう。

 

料金表をチェックするのも必要なことで、ホームページに基本料金やオプション料金などが表示されているか確認しましょう。

 

一切料金が表示されておらず、いくらからと書かれていないようなところは利用を見送るのがベストです。

 

 

その上でまずは無料相談を利用し、見積もりを適切に出してもらえるか確認してください。

 

探偵事務所に依頼するためには料金が明確になっていることはもちろん、あなたの依頼でどのくらいの料金がかかるか分かった方が信頼性は高まります。

 

なお社団法人日本調査業協会に探偵事務所の籍があれば、トラブルが少ない、苦情が少ないということですてみてください。

 

このように、探偵事務所を選ぶポイントはいくつかありますが、大切なことはその探偵事務所がどのような調査をしてくれるかです。

 

最新の機材を使って2人以上の調査員で調査してくれるのか、調査期間はどのくらいになるのかなど細かいところまでチェックし、安い方がいい、高い方満足のいく結果を出してもらえるに違いないという概念を捨てて探偵事務所を選んでください。

もしも浮気をしていた場合の慰謝料の相場は?

妻の浮気が発生すれば慰謝料をとることができますが、いったいどのくらいの慰謝料をもらうことができるのでしょうか。
慰謝料の相場は50〜300万円が一般的と言われていますが明確な基準があるわけではありません。

 

 

目安としては、離婚や別居をしない場合は50〜100万円、浮気によって別居した場合100〜200万円、浮気によって離婚した場合200〜300万円と言われています。

 

 

場合によって金額にばらつきがあるのですが、これらの相場は裁判によって判断された例ですので、裁判せずに離婚などに至った場合はこの通りとなりません。

 

 

裁判をしない場合、早期解決を目指すために離婚しなくても離婚と同じだけの慰謝料になることがよくあります。
また浮気した方の収入によって慰謝料も変わってきますが、裁判の場合は収入が多くても慰謝料が何億円にもなるということはまずありません。

 

 

ただ慰謝料の増減を決めるポイントというのがいくつかありますので押さえておきましょう。

 

 

たとえば婚姻期間が長い場合、離婚して次のステップを踏み出そうにも年齢によって就職が困難、再婚が難しいなどという壁があるため慰謝料が増額します。

 

さらに浮気がわかる前の夫婦関係が円満だった場合は浮気により家庭崩壊したため増額、冷めていた場合はそのままか減額されます。

 

 

ほかにどのような要素があるかというと、相手が浮気をするのにあなた自身に落ち度がなかったかも見られますし、浮気相手に浮気という認識があったかどうかもポイントになります。

 

さらにどのくらいの間浮気していたのか、その内容や頻度も高ければ高いほど慰謝料が高くなりますし、浮気相手が浮気を否認し続けていればあなたの気持ちを踏みにじったということから慰謝料が増額されます。

 

その他にも、

 

  • 浮気相手が妊娠してしまった、
  • うつ病を発症した、
  • 子供に影響を与えるような浮気

 

という場合は増額、浮気相手が社会的制裁を受けていれば減額ということがあります。

 

これらの行為を裏付ける診断書や証拠写真、保存されたメールなどが証拠として増減額にかかわります。

 

このように、浮気による慰謝料は時と場合によって大きく変わる可能性があるのです。

もし、自分で妻の浮気調査をする場合の方法は?

浮気調査は探偵事務所に依頼するものと考えている方も多いですが、自分ですることもできます。

 

その方法がメールやラインなどSNSをチェックすることなのですが、携帯にロックがかかっているとなかなかできないことも多いでしょう。

 

 

ロックが解除できるなら解除し、メール内容をあなたの携帯やスマホの写真に収めておきましょう。

 

それからレシートやカードの使用履歴をチェックするというのも簡単にできる浮気調査方法です。

 

2人で喫茶店や飲み屋に入った記録のあるレシートやカードの使用履歴にホテルなどがある場合は明細書を残しておきます。

 

 

証拠を集めていくうちに何曜日の何時頃浮気をしているのか想像がつくようになりますから、そうしたら今度は尾行調査をしましょう。

 

尾行調査は車か電車、徒歩になりますが、車が2台なく難しいという場合は素直に探偵事務所に頼った方がいいでしょう。

 

 

GPS昨日で追跡できるようなら電車などで追いかける方法もあります。
電車で尾行する場合は相手の死角になる隣の車両に乗り、降りる駅を間違えないようにいします。

 

 

徒歩による尾行調査は相手が振り向いた時に目が合わないよう足元を見るようにしましょう。

 

浮気相手と会っている場面、ホテルに入る場面などを見つけたときはすぐに写真を撮り証拠を確保します。

 

また会話を録音できるようならボイスレコーダーなどを使って会話を録音してください。

 

 

相手の心理状態を動かして浮気調査をする方法もありますが、この方法は浮気がキーワードの書籍やウェブサイトのページをプリントアウトしたものを、パートナーが目に入るところにおいておきます。
それを見た瞬間、相手がどのような動きをするかによって浮気をしているかどうかわかります。

 

こうした書籍がたまたまそこにあるということはまずありませんから、相手にしてみれば浮気がばれているのではという心理状態に陥ります。

 

動揺している、あたりを見回しているなどという場合は浮気をしている可能性が高まります。
こうした浮気調査を個人で行い、証拠をある程度集めると探偵事務所に依頼した時も動きやすいので参考にしてみてください。